パーキンソン病について

今回はパーキンソン病について簡単にご説明します。

パーキンソン病は、中脳の黒質という部分の神経細胞の変性によりドーパミンという神経伝達物質が減ることで、大脳から各筋肉への運動指令が伝達されにくくなり、様々な運動が障害されてしまう進行性の難病です。

はっきりとした原因はまだ解明されておらず高齢になるほど罹患率は上昇します。

ドーパミンは、脳において、運動や学習などを調節するような働きを担っているため、ドーパミンが減ることにより、動きが遅くなったり、体の緊張が高くなったりします。

10万人あたり100~150人の方がこの病気にかかっているといわれています。50~65歳に発症することが多く、発症する方は年をとるにしたがい増える傾向にあります。

60歳以上では100人に約1人発症すると言われています。

代表的な症状としては,

●身体が小刻みに震える(振戦)

●筋肉がこわばり関節が動かしづらくなる(固縮)

●バランスをとるのが難しくなる (姿勢反射障害)

●素早く動けない,表情が固くなる,歩き出そうとした際に足がすくむなど(無動)

が挙げられます.

その他にも,

・自律神経症状(便秘・頻尿・起立性低血圧など)

・睡眠障害  

・認知障害

・精神障害なども引き起こします.

姿勢や歩き方にも特徴があり,

・前かがみの姿勢を取りやすい

・歩幅が極端に狭くなる小刻み歩行

・歩行中に徐々にテンポが速くなり突進するような形になる突進様歩行

などがみられます.

基本的な治療としては手術を行うこともありますが、薬物療法と運動がメインとなることが多いです。

一般的に運動は身体を大きく動かすような体操を行うことが多いですが、KAYOUでは徒手を使いその方に合った運動感覚を全身に入力していきます。人によっては眼球の動きも評価しアプローチします。

なので、無理に頑張ることや痛みが伴うようなことは行いません。

運動感覚を徒手によって入力することで、動きやすい身体に変化させていきます。 気になる方は一度お問合せ下さい。

パーキンソン病 | 脳卒中 | 片麻痺 | リハビリ  KAYOU仙川の予約サービス

よかったらシェア宜しくお願いします!
目次
閉じる