リハビリの特徴

Rehabilitation of KAYOU

身体の感覚を呼び戻すリハビリ

KAYOUでは強く揉んだり過度なストレッチなどで痛みが出るようなリハビリは行いません。手で触れることを中心としたリハビリとなります。手から感じられる温かい感覚や、手で身体を揺らす心地良いリズムで、解剖学、神経科学、物理学などに基づいて無理なく身体を調整します。人間の身体には正しい状態に戻ろうとする力があります。KAYOUのリハビリではそんな身体の感覚を呼び戻すお手伝いをします。

KAYOUができること

1退院後の継続したリハビリ

脳卒中や骨折後、脊柱管狭窄症、呼吸器疾患などで病院での治療やリハビリを経験した方に、退院後も継続してリハビリを受けていただけます。

2歩行に対するリハビリ

屋内外での歩行動作の指導を行います。しっかりと歩行できるようにバランスのトレーニングをしたり、歩行しやすい身体づくりのお手伝いをしたります。

3日常動作や趣味に対するリハビリ

病気や怪我で不自由になった自宅内での動作(家事や入浴など)や趣味活動を、再び円滑に行えるようにするためのトレーニングや患部の調整を行います。

4痛みの緩和と改善

肩、腰、膝などの慢性痛にアプローチし、改善を図ります。

5生活指導

痛みや身体の状態に合わせた動作指導や、福祉器具の選定、家具の配置などのアドバイスを行います。

6自主トレーニングの提案

自宅で行えるトレーニング方法を提案します。

KAYOUのリハビリで効果が見込める主な病気・症状

  • 脳卒中(脳出血・脳梗塞・くも膜下出血)の後遺症
  • パーキンソン病などの神経疾患(神経難病・神経性疾患・多系統萎縮症)の症状
  • 整形外科疾患(骨折)の後遺症、肩・腰・膝などの痛み、凝り
  • 脊柱管狭窄症
  • 呼吸器疾患

* その他の症状についてもお気軽にご相談ください。

リハビリの流れ

全コース各回50分のリハビリを行います(初回体験コースを除く)。

問診・カウンセリング

現在の身体の状態、症状、困っていること、既往歴などを記入していただきます。その内容をもとにカウンセリングを行い、目標やリハビリ計画を立てていきます。

評価

ご利用者の身体に触れて、神経・関節・筋肉・姿勢などの状態をチェックします。また、実際に動作を見たり、可能であれば動画または写真を撮影したりして、症状の原因や動作の問題点を探します。

リハビリ

評価結果から身体の状態や目標・希望に沿ったオーダーメイドのリハビリプログラムを組み立てていきます。主に手で触れることを中心とし、身体に良好な感覚をインプットしながら調整していきます。また、状態に合わせて運動や目標の動作なども随時行います。KAYOUのリハビリは、強く揉んだり過度なストレッチで身体に負荷をかけたりしないので、痛みが出ないのが特徴です。

デイリーメンテナンスのご提案

ご自宅で気軽に行えるセルフケアの方法や、日々の生活での注意点などをわかりやすく説明します。必要に応じて介助方法のアドバイスや指導も行いますので、ご家族や介助される方にもご一緒にお聞きいただけます。

次回のご案内

その日に行ったリハビリの内容を説明し、次回の予約をしていただきます。